滝汗通信

-異常が日常- 汗かきと松葉杖の日記

怪我の翌日〜整形外科巡礼

こんにちは。滝汗クリステルです。

もう9月も半ば、朝晩はすっかり涼しくなり滝汗ピープルの私でさえ長袖の服を着る日もある程涼しくなりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

 

私は、怪我も快方に向かって来たので、先週ラスボスを含めた家族とリハビリも兼ねて大分に旅行に行って来ました。

やっぱり温泉は良い!!!頭が空っぽになる程リフレッシュして来たので、ブログを書く時も頭が冴えてる気がする。

 

という訳で、今日はなかなか進まなかった松葉杖回顧録の方を…

 

 

階段転倒事故の翌朝、目が覚めたら相変わらず痛い。

そして打撲した部分には広い範囲で黒〜赤紫の痛々しい痣が出来ていた。

びっくりする様な酷い痣だったのに、なぜ写真を撮らなかったのか、撮っておけば良かった。

 

本当は痛くて休みたかったが、年末の繁忙期の為、湿布を貼って泣く泣く仕事へ。

 

出勤して早速、仲の良い同僚数人に昨日の事故の話をし痣を見せて驚かせる。

この時はまだこんな余裕があったとは!!

 

週末まで病院に行く時間が無く、同僚達に心配されつつも湿布と保冷剤で対処し、いつも通り出勤していた。

 

土曜日、やっと自宅近くの掛かりつけの整形外科に行く。

怪我の経緯をひと通り話しレントゲンを撮る。その結果「骨に異常なし」との事、脛の腫れと酷い痛みについては

「骨だから他の部分より痛みは出る、けど心配すんな」

みたいな事を言われ湿布を出された。

 

この時は何の疑いも無く「打撲で良かった」と安心しきっていた。

 

ところが、一週間経っても脛の骨を触ると「ぎゃあああっ」と奇声が出る程痛く、更に膝にも痛みが出てきた。

通勤時、家から駅まで約10分の距離を歩くのが辛くなってきた。

この頃、暇さえあればネットで「打撲 治らない」「骨 打撲」と検索して情報収集していた為ある程度、打撲に関する知識が着いていた。

ネットで不安を煽られセカンドオピニオンを受ける気が出てきた。

 

自宅近くに「膝のトラブルに力を入れている」という整形外科があったため、早速受診する。

 

事の発端と骨がすごく痛い、全然治らない事を訴え、またレントゲンを撮るものの、最初の病院と同じ事を言われる。

この時、血行を良くして打撲の治療に効果のある「ヒルドイド」という塗り薬が欲しかったが、その事も言い出せずモヤモヤした気持ちで病院を後にする。

 

結局、ヒルドイドと同じ成分「ヘパリン類似物」の入った市販薬をドラッグストアで購入。

何だか高い出費だった。

 

  もう二度と行かない!ヤブ医者め!!!

 

こうして2016年のクリスマスイブが終わった。

 

でも、こんな落書き作る余裕はあった模様

 

どなたかMacBook Proください笑 iPhoneでブログ書くの結構大変。

 

ではまた、ごきげんようMacBook Proの寄付お待ちしております。